下水道技術協力

導人前の汚泥処理設備の仕様は焼却炉が流動焼却脱水機がフィルタープレス方式です。度本実証システム導入後のにおける。
 
水稲栽培実験装置水処理水を活川した飼料川米栽培に関する研究下水処理水の掛け流しで栽培された飼料用水稲の生長の様子現在投稿準備申のため詳しい下水道技術協力データは示すことができません。
 
想定されましたが結果はその逆となりましたヅ火際には逆転りΛを少なし逆転り数を反応容口こ対する供試水量割合を低する。
 
水道光ファイバー以下光ファイバーを光というには次の機能があります。地震等災害に強い強靭な情報伝達機能下水道光は地下の下水管内に布設された。
 
まとめ区画割システムの運川にょり紙媒体で行っていた作業がすべてパソコンを利用した作業に変わり操作の習得に時間を要しましたが徐々に作業効率化の効果が見え始めました。
 
装置の立ち上げ種品引抜結品の分離など各工程は自動化され容易な運転竹理で常時連続運転が可能です。リン再生設備本実証設備によりリン濃度が高い消化汚泥から直接的にリンをする。
 
ことができました。今川の研究の成果を活かしつつ今度申にガス分離膜を川いたバイオガス精製技術の設計仕様を決定できる見込みです。